スピルリナ暮らしの研究所

今注目のスピルリナに関する情報

*

ミネラル(無機質)とは

   

牛乳

ミネラル(無機質ともいいます)は体の構成成分であり、骨などの体の組織の構成や体の調子を整えたりする働きがある栄養素です。必要な摂取量は少なく、その点ではビタミンと似ていますが、ビタミンと異なり体を構成する成分であります。

代表的なものはカルシウム、鉄、ナトリウム等あり、人の体の中で作ることができないため、食べ物から摂取する必要があります。体外からの摂取が必要な栄養素であるため、意識して摂取していく必要があります。

ミネラルとは実は、地球上に存在する元素のうちの水素・炭素・窒素・酸素を除いたものであり、種類としては100種類あります。

しかし、人の体の中に存在して栄養素として欠かせないことが判明しているものについては現在16種類です。さらにそのうち厚生労働省により摂取基準が定められているのは、イオウ・塩素・コバルトを除く13種類です。

ミネラルの摂取について

ミネラルについても、不足させたり逆に過剰に摂取することは健康に良くありません。ただし、ミネラルの種類も数が多いので、その種類によって必要な摂取量は異なっており、バランス良く摂取することが重要です。

ミネラルの種類の中でも特に一般的に知られているものとしては「カルシウム」があります。子供の頃から牛乳を飲まされて、耳にたこができるほどカルシウムを摂取しろと言われた経験のある方もいると思いますが、実はカルシウムは体の中で一番多いミネラルです。骨や歯等に存在します。

体内のカルシウムの約99%は他のミネラルである「リン」と結合して骨や歯に存在しているのです。そのため、不足すると骨粗鬆症になる危険性もあります。カルシウムの残りの1%は血液や筋肉等の組織に存在しており、神経や筋肉の働き、心臓機能の調整等、人体の重要な部分で作用しております。カルシウムは生命の維持に必要不可欠であり、大変重要な役割を担っています。

さらにカルシウムとコンビを組むことが多い「リン」は、カルシウムと共に骨や歯を形成する成分であり、骨や歯を硬くするもとになります。丈夫な骨や歯の形成には必須の栄養素です。その他にもDNAや細胞膜の成分となっており、カルシウムと同じく大変重要な役割を担っています。カルシウムに次いで、からだの中で多いミネラルでもあります。

ミネラルは体の中ではつくられないので毎日の食事から摂取する必要があります。特にこのような体の中でつくられない栄養素については、毎日の食生活バランスが直接に影響していきます。

【参照】
農林水産省/ミネラル
ミネラル(無機質) | グリコ 栄養成分百科
知っておこう 透析とミネラルの関係|体の中での“ミネラル”の関係

 - 辞典

  関連記事

野菜
生活習慣病とは

■生活習慣病とは? よく耳にする言葉、生活習慣病。それでは、生活習慣病とは具体的 …

製造工程
HACCP(ハサップ)とは

健康食品が製造されている裏側までは見れない消費者にとって、その安全性や品質につい …

食品の図式
健康食品とは?

「健康食品」という言葉は一般的にも使用されており、馴染み深い。 しかし、健康食品 …

20140219141707
GMP(Good Manufacturing Practice)とは

数多くの健康食品が流通していますが、その安全性・品質についてどのように判断するべ …

三大栄養素
体の三大栄養素:糖質(炭水化物)・脂質・たんぱく質

糖質(炭水化物)・脂質・たんぱく質が三大栄養素であることは小学校で習うため、ほと …

Foods_(cropped)
食物繊維(しょくもつせんい)とは

食物繊維は人の消化酵素によって消化されず、体を構成する成分やエネルギーになること …

スピルリナ煎餅
ビタミンとは

ビタミンとは、体の調子を整えるのに欠かすことができない栄養素であり、一般的な認知 …

Pureスピルリナ
「機能性表示食品」とは

「おなかの調子を整えます」「二日酔いに効きます」 実はこういった表示を食品に表示 …

豚肉
ビタミンB1(チアミン)とは

ビタミンB1とは ビタミンB1 (thiamin:チアミン) は、ビタミンの中で …

トマト、にんじんなどの野菜
βカロテンとは

■βカロテンってなに? βカロテンとは、にんじん・ほうれん草・ブロッコリー・トマ …