スピルリナ暮らしの研究所

今注目のスピルリナに関する情報

*

ビタミンB1(チアミン)とは

   

豚肉

ビタミンB1とは

ビタミンB1 (thiamin:チアミン) は、ビタミンの中でも水に溶ける種類である水溶性ビタミンに分類されます。ちなみに、ビタミンは他にも水に溶けにくく脂に溶けやすい脂溶性ビタミンという種類もあります。

実はこのビタミンB1は日本人にとって重要な意味を持つ栄養素と言えます。というのも、かつて日本では心不全と末梢神経障害をきたす脚気(かっけ)という病気が流行しておりました。日本の古い文学小説などでも頻繁に登場する”脚気”という言葉を目にすると、身近に潜む病であることが察せられます。そして、この脚気の原因として挙げられるのが、ビタミンB1の欠乏なのです。

昔と比べて栄養状態は改善されているはず、と思って油断してはいけません。忙しい日々を過ごしてついつい朝ごはんを抜いたり、食事が偏っていたりすると、十分にビタミンB1を摂取できない可能性もあります。ビタミンB1は性質上、摂れば摂るほど良いというものでもないので、しっかりと”適量”を摂取していく意識が重要になります。

ビタミンB1の働きとは

ビタミンB1の役割として、「炭水化物からのエネルギー産生」が挙げられます。

私たちの身体の中の細胞が活動するためにはエネルギーが必要ですが、そのエネルギー源の一つは炭水化物です。炭水化物がエネルギーとして産生されるには、エネルギー代謝という過程を経るのですが、実はこのエネルギー代謝を行う中でビタミンB1が必要となるのです。つまり、ビタミンB1が不足してしまうと、エネルギー代謝が十分に行われず、炭水化物からのエネルギー産生が滞ってしまします。細胞が活動するためのエネルギーが産生されないことは、直感的にもなんとなく問題になりそうですね。だからこそ、ビタミンB1を適量に摂取することが重要なのです!

その他にもビタミンB1は皮膚や粘膜の健康維持を助ける役割も持っているのです。

ビタミンB1が豊富な食品

日々の食事の中でビタミンB1を摂取するために、ビタミンB1が豊富な食品についても頭に入れておくと良いですね。以下の食品などがビタミンB1を豊富に含んでおります。

  • 胚芽
  • レバー
  • 豚肉
  • 豆類
  • 牛乳

ただし、ビタミンB1は熱や酸素などに不安定であるため、調理中に失われてしまうことには注意が必要です。また、水溶性ビタミンなので水に溶ける性質もあります。つまり、ごはんなどを洗う際にも流れでてしまうので、適度な洗い方を行う必要があります。

どの程度摂取する必要があるか

日本人の食事摂取基準(2015年版)」によると、18~29歳の男性の推奨摂取量が1.4mg/日、女性が1.1mg/日となっています。前述したように、ビタミンB1は調理中に失われやすいので意識して摂取していく必要があります。また、エネルギーの産生に関わるため、スポーツなどの激しい運動をしている人は消費しやすくなります。

 - 辞典

  関連記事

no image
ミネラル(無機質)とは

ミネラル(無機質ともいいます)は体の構成成分であり、骨などの体の組織の構成や体の …

スピルリナ煎餅
ビタミンとは

ビタミンとは、体の調子を整えるのに欠かすことができない栄養素であり、一般的な認知 …

20140219141707
GMP(Good Manufacturing Practice)とは

数多くの健康食品が流通していますが、その安全性・品質についてどのように判断するべ …

野菜
生活習慣病とは

■生活習慣病とは? よく耳にする言葉、生活習慣病。それでは、生活習慣病とは具体的 …

Pureスピルリナ
「機能性表示食品」とは

「おなかの調子を整えます」「二日酔いに効きます」 実はこういった表示を食品に表示 …

三大栄養素
体の三大栄養素:糖質(炭水化物)・脂質・たんぱく質

糖質(炭水化物)・脂質・たんぱく質が三大栄養素であることは小学校で習うため、ほと …

製造工程
HACCP(ハサップ)とは

健康食品が製造されている裏側までは見れない消費者にとって、その安全性や品質につい …

Foods_(cropped)
食物繊維(しょくもつせんい)とは

食物繊維は人の消化酵素によって消化されず、体を構成する成分やエネルギーになること …

トマト、にんじんなどの野菜
βカロテンとは

■βカロテンってなに? βカロテンとは、にんじん・ほうれん草・ブロッコリー・トマ …

食品の図式
健康食品とは?

「健康食品」という言葉は一般的にも使用されており、馴染み深い。 しかし、健康食品 …